スタッフブログ:外壁塗装を行わずそのままにしておくと大変危険

地域密着の外壁塗装・屋根塗装専門店のヨネヤです!

今回のブログを執筆させていただく米澤です

本日も宜しくお願い致します

今回は外壁塗装を行わずそのまま放置しておくと大変危険について一緒に見ていきましょう。

目次

1.外壁塗装を行わずそのまま放置すると危険

奈良の香芝市の株式会社ヨネヤの外壁塗装と屋根塗装の放置

外壁塗装を行わず放置しておくとなぜ危険なのか見ていきましょう。

1-1何のために外壁塗装があるのか

外壁材で守られて家は建てられています。

家は外壁材があることで日々の雨風や紫外線、台風などから守られています。

ですが、その外壁材がひび割れや欠落などでボロボロになったらどうなるのでしょうか?

家の中に雨水が入ってきたり、紫外線で塗料の防水機能が低下したり、台風などの強風で家の中に風が入ってきたりと深刻なダメージになってしまいます。

外壁材は何で守られているのか?

それは外壁材を守る役割があるのが外壁塗装で塗られた塗料になります。

塗料が乾燥すると塗膜と呼ばれるものが形成されます。

この塗膜が日々の紫外線や雨水、強風などから家を守ってくれます。

1-2一回塗装したらもう塗装しなくても良いのか

奈良の香芝市の株式会社ヨネヤの外壁塗装と屋根塗装の考える人

外壁塗装は塗料のグレードや立地環境にもよりますが、前回の外壁塗装から10~15年後に行う必要があります。

現在は高耐久の塗料が発売されているので20年程度塗り替えなくても大丈夫な塗料も登場していますが一般的なシリコン塗料では 10~15年 に一回外壁塗装は必要です。

塗料の塗膜が環境ダメージから家を守り続けてくれているので年数が経過すると徐々に色あせで防水機能が低下したり塗膜が剥がれたり削れていきます。

外壁塗装を一回行ったとしても一生持つことはありません。

外壁塗装は周期的に行う必要があります。

1-3劣化症状が出るまで放置しても良いのか

奈良の香芝市の株式会社ヨネヤの外壁塗装と屋根塗装の外壁の劣化症状

塗り替え年数が過ぎてもひび割れがない、塗装の剥がれがない場合は外壁塗装を行わなくても良いことはありません。

劣化症状が目に見えなくても実際は塗料の耐用年数が過ぎていて防水機能が低下しているので雨が降った場合、外壁に雨が染みている状態です。

そのまま放置するといずれ雨漏りの原因につながります。

また、外壁以外にも屋根や付帯部分にダメージが発生していることも考えられるので定期的に外壁診断や塗装工事を行う必要があります。

2.塗料のグレードで次回の外壁塗装時期を判断する

奈良の香芝市の株式会社ヨネヤの外壁塗装と屋根塗装の塗料のグレード

次回の外壁塗装はいつ行うのが良いのでしょう。

立地環境にもよりますがおおよそ塗料のグレードによって決まってきます。

現在、一般的にはシリコン塗料が主流です。

アクリル系塗料やウレタン系塗料は耐用年数が短いため現在あまり使用されていません。

奈良県に大災害が発生しない限り、塗料の耐用年数と実際目で見た劣化症状で判断すると良いでしょう。

まとめ

奈良の香芝市の株式会社ヨネヤの外壁塗装と屋根塗装のまとめ

外壁塗装を行わずそのまま放置していると大変危険です。

結果的に雨漏りが発生したり、建物の躯体が侵されてしまい建物全体のリフォーム工事が必要になったりと莫大な費用がかかってしまいます。

放置せずに定期的に診断を行ったり、外壁塗装でメンテナンスを行ったりと最低限の費用で建物を守ることができます。

奈良で外壁塗装・屋根塗装をご検討の際はお気軽にヨネヤまでお問い合わせください!!

スタッフ一同お待ちしております!!

イベント情報はこちらからどうぞ!

奈良の香芝市の株式会社ヨネヤの外壁塗装と屋根塗装の家族

予約カレンダー

↓ご予約はこちらから↓(ご希望日時をカレンダーからお選びください)
2024年6月
      
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
      
…本日 …通常店舗予約 …イベント開催日 …勉強会
2024年5月

スタッフブログ , 外壁塗装について | 2022/06/06

記事一覧はこちら

\お客様と一緒にお家のお悩み解決させて頂きます!/

外壁塗装・屋根塗装のお見積り・ご相談は無料で承っております!

0120-478-017

■ 電話受付:9~18時(日曜定休) ■ ホームページをみたとお伝えください

\お気軽にお問い合わせください!/
お問合せ・無料見積
予約でQUOカード
ショールーム来店予約